2016年12月3日土曜日

「この世界の片隅に」を2回観ました!!

ついこの間12月1日に、以前にも観た「この世界の片隅に」をもう一度見に行きました!
毎月1日は、映画の鑑賞が1100円ととてもお安い。
本当はいろいろな映画を見たほうがお得なのですが、思うところありまして、過去に一度観ている映画を選択しましたのでスゥ。

茨城県では仕事終わりに上映している映画館は無いので、千葉県成田市の映画館で観てきました~♪
片道50km位は車だったらどうってことありません! 私、フットワーク軽い~。
マラソンだったら片道20km位(広島⇔呉間)、自転車だったら片道100km(しまなみ海道の尾道⇔今治間)位は道草しながらでも行けるよ。
自慢できるほど運動神経はよくないですが、日々トレーニングを頑張っていればこのくらいはやれます。人間ちょっとしたことで怪我したりして弱いものですけど、意外と強くなれますよ。

1週間前に広島へ旅行をしました。
それは、つい思い付きで応募した被爆電車のイベントに抽選で参加できることになったからです。
 この被爆電車、同じ型の電車は今でも2両ほど現役で運行されているようですが、戦後70周年記念行事として休車中の1両が特別に原爆投下当時の色に塗りなおされた。

この車両(653号)は、被爆当時に「この世界の片隅に」の主人公 すずさんの実家付近、江波線の端っこにいて被害にあったようです。

原爆投下の3日後には、路面電車の一部区間で運転が再開されていたらしい。
凄いですね! あたり一面焼け野原なのに、その中を走っています。
思い起こせば、私も北日本大震災当時に、電気や水道などのインフラが全て途絶したけど、とりあえず今出来る事、毎日行っているルーティーンのマラソンをしていた。
余震で地面が回るように動いていて、走っていても千鳥足状態になってしまうのだけど、じっとしていることができなかったのだ。(福島原発が地震で損壊していて、本当は外に出てはいけない状態だったという事は後でわかった。。。)
原子力を使った爆弾で世界唯一の被爆国が、半世紀を過ぎた頃に今度は原子力の発電所事故で再び被曝被害。

用途は違えど、同じ原子力の被害で今でも福島は荒れ果てた状態だ。
こんな日本が、NO MORE HIROSHIMA! と言っても、聞いてもらえるだろうかね~?



あの日あの時、すずさんの実家付近を走っていたこの電車。

原爆ドームの横を通り抜ける。
今も昔もこの道が広島の主要道路で、同じように路面電車も走っている。

イベント列車を乗り終えて、終着の原爆ドーム前で下車する。

原爆ドーム。
風化してしまいそうですが、この形が失われないように保存されているらしい。

原爆ドームから歩いて広島平和記念資料館も観てきました。
今年、アメリカ大統領のオバマ氏が訪れた際の資料もある。
織鶴と直筆の用紙。

TVなどのメディアではここを訪れた際に、ソビエトとの冷戦時代から代々伝わる原爆の発射スイッチを携えた要人の姿が話題になっていた。広島に原爆の発射スイッチを持て来たことを。。。

これもつい1か月位前に購入した古本。
週刊朝日の終戦から10年経過した8月14日号。
特集は10年ひと昔。そう、日本が戦争を終了した時から10年経過したときの雑誌です。

広島市内の病院に勤務していた院長、蜂谷道彦氏の日記が掲載されている。
広島日記の原爆投下当時の要約記事です。

あの時の広島。
上が被爆当時、下が雑誌発売の10年後。
10年ひと昔とはいかに。
 すごいですね!

しかし、この当時には同時のこのようなことが行われていました。
戦争の反省を基に、武力を放棄したけど自衛隊の前身組織設立。

そして、あの「ピカドン」を日本国内に攻撃兵器として配備
オネスト・ジョン、正直太郎。
世界唯一の被爆国が、この時点で既にその攻撃兵器を受け入れることを了承しているんですね。
負けるという事は、勝った国の理論を受け入れざるを得ないことなのでしょう。
ものすごく古くから繰り返されている事のようですね、「勝てば官軍」というように。

そうそう、自衛隊といえば、最近地元の自衛隊基地一般公開に行ってきたんですよね。

陸上自衛隊のエンジニアセンター。
ここは国際貢献、PKOの資料が展示されていました。









そして、棟を別にしてもう一つ展示が行われていました。
それがこちら、防衛館。
展示内容は、前の世界大戦時の資料です。
えっ!? なんでそれが防衛なの????

いろいろ資料を読んでいくと、なんとなく判ってきました。
満州や東南アジアの国々など、欧米の植民地政策から土民(現在では不適切な用語。ただし、以前は現地人という意味で普通に使われていた。)を開放するために、同じアジアの日本がリーダーとして戦いを導いていくという姿だったらしい。
なんで防衛なのかというと、あの当時に東南アジアの国(パラオなど)を国連から委託されて治安維持活動を行っていたのが日本。それで、日本は治安維持のために侵略国(植民地政策を行っていた国々)から現地を守るために闘ったという事らしい。

なるほどね。
ん!???
これって、現代の世界情勢で当てはめてみると、似たような状態になりつつあるんじゃね??
これ、防衛館で頂いた本です。


頂いた本の趣旨としては、事実をありのままにまとめて、茨城県の軍隊がどのような行動をとったのかをまとめる。そして、それを読んだ人がどのように感じるかは別にして、未来永劫参考となる資料となるよう心掛けて編纂したようだ。
自国の領土以外にも、最近は「駆けつけ警護」ということで、国際貢献を行う他国であっても自分達のグループが攻撃にあっている時には相手を攻撃してもいいというようにルールを作るようだ。
これって、第二次世界大戦中の日本の状態に似てきていると感じる。
もし、国際貢献を行っている他国において、治安が悪いから日本が治安維持活動を主導で行ってねと国連で言われたらやるのだろうか? 法律的には可能になってしまうようですが。
そうしたら、テロ組織と日本はその国や日本国内で諍いを起こすことをやむなしとするようだ。(日本の国会では武力衝突とは言わないらしい。だから合法?)


結局、げんこつにはげんこつでこたえるしかないという事なのかなあ。
 すずさん。
もっとすずさんのように普通に生きられる人が、もっともっといてほしいと思うけど、きれいごとなのかなあ?
きれいごとのために、努力できる人がもっともっと増えてほしいというのも、きれいごとなのかなあ?









2016年11月28日月曜日

Discover the HIROSHIMA

週末は広島県へ観光に行ってきました!
今回は、旅行費用を安く済ますために夜行バスを利用します。
東京駅から広島駅までの往復で約1万4千円。およそ新幹線の片道割引運賃程度で済んでしまいます。また、現地での行動時間が多くとれるのも夜行バスを利用する上でのメリットですね~。

金曜日の夜、仕事を終えたらダッシュで東京駅に向かいます。
なぜなら高速バスの出発時間が早いからなんです。
名古屋や大阪あたりまでですと、東京駅を夜の10時以降の出発で現地着が朝の6時~7時なのですが、岡山や広島、四国方面では出発時刻が夜の8時頃となります。
だから、高速道路のパーキングエリアでもこの通り。近隣の目的地へ向かうバスばかりがトイレ休憩で並んでいます。

広島駅到着は、朝の8時過ぎ。
先ずは広島電鉄の路面電車1日乗車券を購入。
広島駅から市内のお店に向かう。

いろいろな形の路面電車が走っています。

目的のお店に到着。
広島なのに長崎屋。地元名産品を多数取り扱っているお店です。

ここで何を買うかといいますと、これです!
”ゆかり”というご飯にかける粉末。いわゆる梅紫蘇のふりかけが入ったペンです!!
普段から三島食品のゆかりをお弁当で利用している私は、これ欲しいなあと思っていたんです。
ネットでも買えるらしいのですが、是非会社がある地元の広島へ行った際に購入しようと思っていました。(;^ω^)

購入したら広島駅にとって返します。
本日のメイン、被爆電車に乗るためです。
RCC被爆70年プロジェクト 中国放送と広島電鉄が共同で、原爆が投下された当時の車体色を再現した路面電車を運行するイベントです。










本日は特別にこの電車に乗れるのです。
いよいよ乗り込んで出発であります!
 車内は板張りでいかにも昔の電車といった感じだ。
同型の電車が今でも走っているというのはすごいですね、広島!

 被爆当時は、どの電車も満員で、爆心地に近い電車では焼け焦げた人たちが折り重なるようにして亡くなっていたらしい。もしかしたらこの電車もなのかな?
 爆心地の近くに今でも残る原爆ドーム。
何の知識も無く広島を訪れたのであれば、ここが戦時中にたった1発の爆弾によって焼野原になって何にもなくなってしまったのだという事はわからないであろう。

 あの時は、なんであんなに無防備だったんだろうなあ?

西広島駅で折り返し。
そして、終点の原爆ドーム前で下車。
ありがとう!
653号!!

近くで見たのは初めてです。
昔は学校の修学旅行コースとして定番になっていた広島ですが、今時は多様化してそんなに広島を訪れる学校は多くないようです。私が通っていた学校は、生徒の多数決で広島ではなく倉敷の美観地区に行きました。









つい最近はアメリカ大統領のオバマ氏、先日亡くなったカストロ議長やチェゲバラ氏もこの広島に来ています。


公園の周りをぐるっと歩く。
いろいろな人が観光に来ている。
かなり外国人に比率が多い。京都や浅草くらい多いのではないだろうか?

ふと、橋の上から古本で購入した週刊朝日を読み返してみた。
昭和30年の8月14日号。
特集は10年ひと昔。
写真は路面電車の道路を挟んで原爆ドームと反対側に建つ商工会議所の屋上からのものです。
上が終戦当時で下が雑誌発売当時の10年後。
70年は草木も生えないと言われた広島が、あっという間に変貌を遂げている。
よく写真を見てみると、バラック小屋ばかりではなく、結構しっかりした建物も多く建設されている。
戦争が終わって疎開した人や復員兵など多くの人がこの広島に戻ってきて、あっという間に戦時中と同じくらいの人口に戻ったらしい。

物思いにふけりながら、原爆ドーム前の広電停留所から横を見ると、HIROSHIMA ORIZURU TOWERが。原爆ドームの元の機能、広島県物産陳列館としての機能がこちらに移動したような感じか?

入ってすぐに広島市と呉市を舞台にしたアニメのボードがありました。
「この世界の片隅に」
私も観ましたよ~♪
凄く観てよかったと思える映画でした!




そして、このオリズルタワーのお店で関連商品を購入してしまいました!
トビキリ本舗のすずさんらむね!



さて、ここから宮島口に向かいます。
厳島神社詣でです。
宮島口からはフェリーで宮島に渡ります。
ちょっと凝り性の私は、券売機で乗船きっぷを購入するのではなく、窓口できっぷを購入します。
これがきっぷです。JR北海道では赤い色の券でしたが、ここのフェリーは青い色です。しかも、船に乗るのに乗車券ですって。普通に考えるとちょっとおかしいですよね、車ではなく船なのに。
国鉄時代の名残りなのでしょうね。北海道や四国、九州に渡る航路は無くなってしまいましたが、ここ宮島航路だけは今も健在。青春18きっぷでも行けちゃうんです。約1年前にその方法で利用しました、わたくし。

今回も1年前と同じ干潮だ。
鳥居の近くにたくさんの人がいる。


私は、神社や仏閣をじっくり見たいと思うときには、早朝や夕暮れ時に行くことにしている。
だから今回は、1年前にも来たし、ただ御朱印を頂く事だけが目的です。
結構神社を巡っている割には御朱印って頂いていなかったんですよね。
というわけで、御朱印の列に並ぶ。
並ぶこと約40分。。。。
さすがに有名な観光地だけあってかなり時間がかかった。だけども、この丁寧な文字を見たらば並んで待った価値はあったなと思う。イライラせず、自分を律する。そういうことも必要と思う。修行と思うべしですな~。

で、本当はここから高速船で呉港へと向かう予定でしたが、乗り遅れました。。。
まあ、そういうハプニングも旅にはあることです。
電車で呉に向かいます。
駅弁でも食べて~♪






呉駅に到着!
ちょっとスマフォのアプリで撮影してみた。
「この世界の片隅に」の聖地巡礼アプリがソニーからリリースされている。
GPSで地図上の地点に到達すると、特別にアニメキャラの合成写真が撮影できる。
こういうところが従来のデジカメには無い新しい楽しみ方ですよね。
デジカメにアンドロイドOSが入っているデジカメはこういうことができちゃうのであろうか?
持っていないから試すことができないですけど。。。

で、市内をいろいろ散策~。
わたくし、普段から結構走っているから、意外とフットワークは良いほうだと思うんです、はい。


この辺は住宅地の中です。
カメラで撮影していると、ちょっと怪しい人だと思われるのではないかと心配。。。

近くの公園。
さっきまで遊んでいた子供たちも帰って静まり返っている。
もう夜です。

駅への帰り道。
スマフォの地図で道順を確認していると、近くにお店の表示が。
表示があるという事は、口コミの評価が多いお店で、結構有名な所なのであろう。

いせ屋のおすすめ、カツどん。
普通、カツ丼って卵でとじてあるんですけど、ご飯にカツを乗っけてソース掛け。
このあまじょっぱいのは何と表現したらいいのでしょうね?
デミグラスソースって言ってはいるけど、ウスターソースとハヤシライスのソースに近いようなそんな感じ。油の味はしないなあ~。


こっちは肉じゃがの元祖らしいです。
これは旨し!!
ジャガイモの煮崩れ具合とダシがうまく合わさていて、肉じゃがとしては今まで食べた中でベスト!!
もう、鍋ごと買って帰って皆に食べさせたいくらいです。

残念ながら、通りを歩いてたくさんのおいしそうなお店を横目に、私は帰らねばならぬのです。
さようなら広島。
沢山のおいしそうなものがあるようですが、次までのお預けです。
また来るぜ!!